皮膚科 フォトフェイシャル

皮膚科のフォトフェイシャルとは

皮膚科のフォトフェイシャルについてです。シミを目立たなくしたり、赤ら顔を緩和する光を肌にあてるのが、フォトフェイシャルの方法です。フォトフェイシャルは皮膚科だけが行っているものではなく、エステや美容サロンでも可能です。エステのフォトフェイシャルと、皮膚科のフォトフェイシャルのどちらがいいかは判断に迷うところですが、皮膚科の方が後々のフォローが安心です。フォトフェイシャルを受けたことで皮膚に炎症が出てきた等の問題があった時にも、皮膚科なら迅速に対応してもらえるので安心できるというメリットがあります。もう少し皮膚科で施術されるフォトフェイシャルについて説明しましょう。フォトフェイシャルはIPLという特殊な光を使用した治療です。フォトフェイシャルは、レーザーよりもより広範囲に光を浴びせることができます。フォトフェイシャルの光は肌に優しいので、手術が終われば入院せずに帰宅可能です。お肌の状態が落ちつけば、施術をしてから化粧もできます。皮膚科のフォトフェイシャルの注意点は、一度だけでは終わらないということです。数回に分けて行うことで顔全体のシミやソバカスを薄くしたり、小じわや赤ら顔に効果があります。施術後はすぐに日常生活に戻れるので人と会う機会の多い人や、他の人には知られずにきれいになりたいという人には皮膚科のフォトフェイシャルが大変おすすめです。

皮膚科とエステで受けられるフォトフェイシャル

フォトフェイシャルは皮膚科やエステで施術が行われていますが、皮膚科の方が安心して受けられるようです。皮膚科でフォトフェイシャルをしてもらう方が信頼性が高いのは、元々、顔にレーザーなどを照射してシミを減らすことは医療の分野だからです。法律によって、レーザーを扱った美容施術は、医療の専門家に限定されています。エステなどでフォトフェイシャルが可能なのは、フォトフェイシャルはレーザーほど高出力の機械を使っていないためです。エステでフォトフェイシャルを受ける場合は、皮膚科などの専門家で無い人が施術する可能性もあります。フォトフェイシャルを受けたことで、肌の炎症を起こしたり、やけどを負うといったトラブルが全く無いわけではありません。施術をする場所は顔が中心となるので費用だけでなく、信頼のおける施設であるかどうかも確認しましょう。もし仮に、フォトフェイシャルが肌に合わずに問題が起きてしまった場合、最初から皮膚科にかかっていた方が対応も任せることができるのではないでしょうか。フォトフェイシャルをする時はエステはやめるべき等と言うつもりはありません。専門知識を持っている人がいないエステでフォトフェイシャルを受けると、万一の事態に対応できない場合も考えられます。エステでは医療行為は行えないので薬などを処方する事もできません。フォトフェイシャルの費用も気になる点ですが、口コミや体験談をしっかり確認して信頼のおける皮膚科を選んでいただきたいものです。

皮膚科でフォトフェイシャルを受ける時

皮膚科でのフォトフェイシャルは、医師がきちんと対応してくれるので、安心して受けられるのが一番のメリットです。美肌を目的に、フォトフェイシャルは行われます。フォトフェイシャルは受けるべきではないという肌や身体の人もいます。皮膚トラブルがある人、糖尿病の症状がある人、日焼けが濃い人、そして妊娠している女性は、フォトフェイシャルを受けると問題が発生する恐れがあります。妊娠中の人は、フォトフェイシャルによる光が胎児にどのような影響があるかはっきりとわかっていないようです。ホルモンバランスが崩れることで、色素沈着を起こしやすい状態になるために、妊娠中の人は皮膚科でも禁止されています。日焼けしている人や皮膚疾患のある人は、皮膚科でフォトフェイシャルを受けても、改善しないで悪化してしまう可能性もあるのであまりおすすめできません。個人差が大きいのが、肌の難しいところです。フォトフェイシャルを利用しても自分の肌は問題ない肌質なのか、はっきりさせるには皮膚科で見てもらうことです。もしも糖尿病の症状がある人がフォトフェイシャルを利用すると、皮膚の細かな血管に作用し血糖値が変化することがあります。皮膚科で受けるフォトフェイシャルでも受けられない場合もあります。皮膚の状態が気になる人や持病がある人は皮膚科でフォトフェイシャルを受ける前に確認しておく事が大切です。